感極まる思いでペアリングを選ぶ私。


流石に贅沢してる自覚があるせいか、選ぶのに少し気が引けた。



K氏は好きなのを選んでいいよ。



と言ってくれているが中々決め兼ねない。





続きは『184:ペアリング』でご覧下さい



読者登録お願いします♪